123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-05-14 (Wed)
競争が激化(投票お願いします)→人気ブログランキング(遠距離恋愛)
初めての方はこちらからどうぞ→ツンデレ派から挨拶と簡単な目次

*お知らせ(PC版の読者の方へ)
キリ番企画実施中。次の番号は「50000」
粗品準備します!欲しい方は証拠画像を保存した上で、連絡先等含めご連絡を!
連絡先を教えたくない!粗品欲しくない!という方は、
ニックネームだけでも教えてください~


お話の前にカウンターの事をちょっと。

もうすぐで50000に到達しそうですね。

相変わらずですが、キリ番企画を継続中です。

PCからご覧になっている方はぜひともご参加下さい。

また、ランキングサイトの投票クリックも絶賛受付中です。 

どうか、どうか清き一票を与えてください。(お勧めはいくら丼です)



それでは本題にいきます。

母の日は過ぎてしまいましたが、時期的にはまだ許してくださいよ、ということで

僕の母親とユイを交えたエピソードを書きたいと思います。


しかしなんというかですね・・・僕の母親、なかなか残念な人でして・・・

いろいろ残念な僕の母親の話

以前から読んでくださってる読者の方はおわかりでしょうが、

リンクに出した話のように、残念な話が山のようにつもっております。

せっかくなので、母親の話をさせてもらう中、ニックネームもつけてしまいましょう。


名前は「たろさん」


由来もくそも無いんですけどね。

そんなこんなのユイを交えたお話をご覧下さい。



 
 

 
ユイが僕の家に来る時、必ず悩む事があります。

それはお土産。


実は僕、実家住いなのです。

その為に、毎度ですがお土産に悩むユイ。

たろさんは適当な人ですから、いっそ何も買わなくていいとも思うのですが、

やはりユイも気になる事が色々あるのでしょう。

そのため、僕は相談にのらなければなりません。





ユイ:「ねぇ・・・今度のお土産はなにがいいかな・・・」



僕 :「白い恋人もロイズも食べ飽きてるしな・・・何が良いんだろう・・・」



ユイ:「有名なお菓子はもうあげちゃったからね・・・」





という会話を続けるものの答えは全く出ません。

こんな感じでお土産を選ぶたびに悩んでいます。

それというのも、たろさんは好き嫌いが激しいというめんどくさい人物であるためです。

その割には味オンチなのですが。

煮物を醤油だけで煮るぐらいですからね。
(雑煮の話を読んだ人はわかると思う)




とはいえ、お土産を持ってくるのと持ってこないのでは印象が違うのも事実。

何かしら選ばなくてはなりません。





ユイ:「それじゃ・・・パウンドケーキはどうかな?」



僕 :「まだ買ってないからいいんじゃないか?」



ユイ:「いいね?決定だよ!?」



僕 :「それでいい!これ以上悩んでも意味がないさ!」




ということで、パウンドケーキに決定。

どちらかと言うと投げやりな感じで決めちゃいましたが。

味うんぬんじゃなくて、今まで買ったか買ってないかだけで選択しましたから。






そんな僕とユイのやりとりの後から一週間ほどが経ち

ユイは僕の家にやってきました。



たろさん:「あら、わざわざありがとうね~」



と言ってたろさんはユイのお土産を受け取りました。

反応としては可もなく不可もなくといった所です。



ユイ :「あれで大丈夫かな・・・?」



僕  :「大丈夫だよ。たろさん、細かい事気にしないし。」



そう言って緊張するユイを休ませ、すこしのんびりとしていました。

そして、何か飲み物でも出さないとなーなんて考えた頃に・・・



たろさん:「お菓子たべるー?」



という声がかかりました。

おっ、珍しく行動が早くて気がきいてるじゃないか?と思いながら、



僕   :「うん、食べるわ。あと、何か飲み物くれるかな。」



と答え、飲み物も頼みました。



たろさん;「じゃあ、ウーロン茶もってくるね~。今お菓子切ってくるから~。」



そう言ってたろさんが部屋から出ると、静かな時間が流れました。

やっと会えたユイと2人きりの時間です。


やっと会えたんだなぁ・・・

と、ほっとしてるけど高揚するするような妙な気分になってきます。

もちろんいきなりアレな事やコレなことをするわけではありません。

長距離を移動してきたユイは疲れてますからね。

まずはゆっくり休んで、元気になってもらわなければ。

とりあえず何か飲み物をとって、お菓子でも食べて・・・








ん・・・?



そういえばたろさん、最後に切ってくるって言わなかったか・・・?



切るような菓子が家にあったという記憶は一切ない



無いとすると・・・もしや・・・







嫌な予感がしたとたん、たろさんが再登場。



たろさん:「お菓子どうぞ~。ゆっくりしていってね~。」



ユイ   :「・・・・・・・・・・」

僕    :「・・・・・・・・・・」










たろさんとお土産w(文字入り








包装も取って、中身も切ってありましたけどね。

紛れもないパウンドケーキでしたよ。丸ごと1本。



頂き物をそのまま使いまわしてますよたろさん・・・

しかし、持ってきた人に全部還元するとは・・・



細かい事を気にしない分、気楽で助かる人なのですが、

もうちょっと細かくていいはずだと思う。





(結局、その1本のほとんどを2人で食べました・・・)






 
それではまた


*この記事へのコメントには次回の記事内で返事をします
(8つまで)

遠距離恋愛の応援のかわりに下の投票ボタン(うまそうなやつ)を
ポチっとクリックお願いします~(めんどくさい方は一個だけ好きな食べ物を・・・)
       ↓
絵の上にマウスをあわせるだけで、北海道の食べ物写真が出てきます。

意味はないけどスパイダーマンも見てってください
ツンデレ派は遠距離・同棲に参戦中
↑遠距離恋愛は2位 同棲も2位
いくらなんでもひどい!とたろさんに言っておきました
ツンデレ派は、恋愛ブログ、遠距離恋愛・歳の差・両思いに参戦中
↑遠距離恋愛1位 歳の差恋愛1位

何も考えてない行動だから余計困る(天然です)
ツンデレ派は遠距離・両思いに参戦中
遠距離恋愛は1位 両思いは3位



*投票ボタン(絵)をクリックすると、現在のランキングが確認できます
 皆様の応援にいつも感謝しております
 ちなみに、写真の食べ物は僕とユイが北海道で食べた美味しかった品々です 

まだまだ読み足りない方はこちらも読んでください→「だって僕はツンデレ派」
スポンサーサイト
| 雑談日記 | COM(24) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。