12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-01-20 (Sun)
当ページの現在ランク人気ブログランキングへ(投票ボタンも兼ねてます)
初めての方はこちらからどうぞ→ツンデレ派から挨拶と簡単な目次


こんばんわ、変な階段を上り詰めようとしているスタです。


はてさて、このブログではツンデレを売りにしているわりには

実はツンデレの記事が全く出てきておりません

別にもったいぶってるわけではないのですが

ただ単に

ユイと出会った最初の頃

全くもってツンデレだと気がつかなかったのです

本編中にてツンデレエピソードを公開する機会があるかと思いますが

それはもうちょっと先になります

よって、今回も別の話題を持ち出そうということで

のお話を一つしたいと思います


以前に僕の連れであった女性がおりました

僕のことを大変こっぴどく振ってくれた人です


まあその人が振ってくれたおかげでユイに会うことが出来たので

ある意味感謝している人ですね


まあその人がですね

大層変わり者だったのです

妄想癖が強いというか、思い込みが強いというか

様々な部分で変わり者でした


いろんな人にこの方の話をするので、結構いいネタになってるんですね

そこで考えました

僕のネタ不足のために一役かってもらおうと

そこで、この雑談のためのキャラクターとして登場させていただきます


非常に天然であったので、天然トモ子

ちょっと長いですね

略して

天子さん(ネーミングセンスゼロ)


まあ、めちゃくちゃな名前ですが許してください

愛情を込めて名前を付けることができなかったせいです


と、せっかく命名したので

ある萌えエピソードを一つ


よく二人で街をぶらぶらすることが多かったのですが

天子さん、僕のことをあんまりみてくれないんですね

ちらちらと町並みを見たり、人を眺めたり


まあ、そんな中で突然視線が動かなくなるんですね

そんな時の天子さん

表情が

うっとりとしていらっしゃる

視線の先をたどってみると

そこには非常にかわいらしく萌えな女性がおりました




僕 :「なんで僕のことを見ないで、女の人を見てるんだ!」


天子:「だ、だって、かわいいんだもん・・・うふ♪」


僕 :「馬鹿だろ!?絶対馬鹿だろ!?」




この天子さん

萌え女性を探す力が天才的であったのです

こうしてしかたなく僕は

二人で街をぶらつくたびに

連れの天子さんではなく

街を歩く萌え女性を眺め続けることになったのです(天子さんは含まれない)





よくよく考えてみると

とても素晴らしい能力ですよね

隣にいれば、勝手に

萌え女性を探してくれるのですから


よくカップルで見かける光景に

あんた誰を見てるのよ!私を見なさいよ!

などと怒られている男性の姿がありますが

どうしても女性を眺めてしまう男性には

天子さんのような人がお似合いなのかもしれません


だからといってこのような人を見つけたとしても

僕の目になってください!

などという告白はしないようにしてください

どんなこっぴどい振られ方をしても、僕には保障致しかねますので

どうぞ宜しく




次回更新は21日22~23時となります
どうぞ宜しくお願い致します




ぜひともランクアップにご協力ください!
下のボタンをクリックすると、このブログに投票したことになります!
ランキングの確認もできますのでぜひ~
          ↓



萌えもなかなか・・・
←遠距離恋愛カテゴリー最高1位獲得(毎日変動)
でも、彼女が萌えであってほしい!
←人気ブログランキング遠距離恋愛カテゴリーにて最高3位獲得!
ネタ切れには天子シリーズ
にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ←ブログ村(村でもあなどれない)
スポンサーサイト
| 雑談日記 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。