12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-01-05 (Sat)
皆様へ切に願うクリック人気ブログランキングへ


さてさて、みなさんは「のだめカンタービレ」の

ドラマスペシャルを見終わったころですか?

あれはなかなか良い作品だと思います。

こんなに笑えるクラシック音楽の漫画はない!

と思って、以前に全巻購入してしまいました。


あんまりにも漫画を購入してしまうため、

すぐさまオタクだと言われそうな僕ですが、

こうして読んでいる漫画が世間に評価されると

僕がオタクであることを

柔らかく包み隠してくれるので、大変感激します。


それでは「チャットとは時に暖かく時に切なく」中編にいきたいと思います。
話の内容が濃いため、かなり長くなっております。本当に申し訳ありません。



オフ会の当日、僕は何の考えも無しに男の子と合流しました。


その男の子の特徴といえば、とにかく人見知りが激しくシャイ。

以前にも、別のネット仲間を交えて彼と話したことがあるので

僕と話す事は問題ない。だからこそ呼ばれたわけなんですけどね。


しかし、全員の合流時間になって、大変な問題が発覚。


男の子:「あの・・・なんかメールで、これないかもしれないみたいなのが届いたんですけど・・・」


え?どういうことだ?


訳がわからない僕は、彼に来れるか来れないかだけ

はっきり伝えてもらえるようメールしてくれと頼みました。

しかし、五分たっても連絡はこない。


僕   :「とりあえず、電話してみてくれる?電車だったら出れないけど、
     向かってる事はわかるからさ。それだけでも知りたい。」


しかし、彼は表情を曇らせて・・・


男の子:「電話番号がわからないんです・・・」


僕   :「え?まだ、電話で話したことはないの?」


男の子:「はい・・・」


状況の説明としまして、彼と女の子達は一ヶ月ほどメールをやり取りしながら

それに平行して、みんなでチャットで話し、遊んでいたという経緯があります。

それならば問題ないだろうとたかをくくっていた僕の怠慢もありますが、

電話をしたことがない上に、自分の写真すら送ってないという事実までその場で判明。


正直、愕然としました・・・


一部の方ですと、メールで連絡がとれれば、最後になんとかなるんじゃない?

と思うかもしれません。確かに、一般ではそれでもOKです。

しかし、チャットから出て会うということは、それですまないパターンもあるのです。


チャットという世界は文字だけでコミュニケーションが成り立ちます。

実際の世界では、文字ではなく、相手の表情やしぐさと声で成り立ちます。

そして、チャットから実際の世界へとつなぐ手段は、

まず自分の写真などを送り、電話などで何度も声を聞かせることなんです。

警戒心の強い方と会う場合には絶対に欠かせない手順です。


場慣れしている方にとってはたいしたことではないのですが、

実際に、チャットでは不快な輩も多くおり、女の子を付けねらうという

不埒な行為もちらほら聞くことがあります。

だからこそどうしても会いたい方がいるのならば、信頼関係を築くという

最低限のマナーは守らなければならないのです。


しかし、このオフ会においては全てが欠落・・・


写真は見たこと無し

声は聞いたこと無し

頼れるものはメールのみ!


戦況不利と感じた戦国武将はこんな思いだったのでしょうか・・・


もし僕が戦国武将なら

勘違いした鎧(前編参照)をカチャカチャいわせるほど

落ち武者になるのを恐れて震えていたかもしれません。


しかし、僕は何もしないまま落ち武者になりたくない!

心の中で、有名なアニメの台詞が蘇ります。


逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだあっ!
(調子にのりすぎております・・・)


最善を尽くすべく彼に連絡を頼み、来るとも来ないともわからない

女の子たちを待ち続けます。


予定の待ち合わせ時間から約二時間後、女の子達と会えることになりました。

一応の努力の成果は出たのですが、

会った後、敗残の将となった僕と

愚かな将に従ったために敗者の道をたどることになった彼は

敗走するように家路につくことになるのです・・・



次回は後編へと続きますが
あまりも長くなりそうですので
二つに分けて書きたいと思います。
(今回も分ければよかったのですが、
これまた配慮が足りずに申し訳ありません・・・)



「チャットとは時に暖かく時に切なく」後編その1をどうぞよろしく!


次話 チャットとは時に暖かく時に切なく 後編その1



面白いと思ってくださった方へ
ランキングアップに協力お願いします!↓(バナーをクリック)

今思い出しても、あれは大変だった・・・

二人だからあの辛さに耐えられたのかな・・・?

にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ←ブログ村(村でもあなどれない)
スポンサーサイト
| 過去 序章 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。