123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-02-14 (Thu)
読む前にクリック♪(ここの文を選考中)→人気ブログランキング(遠距離恋愛)
初めての方はこちらからどうぞ→ツンデレ派から挨拶と簡単な目次

札幌からレポート(出発)/レポート1/////


昨日はブログ開設後、初のお休みをとりました

ずっと更新を日々続けていたので、いきなりの休みにびっくりされた方もいるかと思います

その謝罪と言い訳をぜひさせていただきたいと思います


ちょっとストレスがたまっていたところ彼女に相談をしました

そのおかげで何とか回復できたのです

しかしですね、僕はストレスが来ると、すぐに反動がでます

僕の大好きなブログ「ねじを巻けそして服を脱げ」のねじ巻さんは

どうやら下半身にストレスの反動がくるようですね
(僕のリンク集にありますのでご覧下さい)

僕も自称エロを語っていることもあり、ここは並んで下半身に力を入れたいところですが

なぜだか僕は食欲に偏ってしまいます

そしてドカ食いをし、激しい胸焼けを発動

すっかり寝込んでしまいました


そんなこんなで休みを取ったわけですが

無論それだけではなく、記事のパワーアップをユイに頼んでおきました
(絵を描いてもらいました)

更新数はこれまでどおりにはいかないかもしれませんが

さらにパワーアップした記事をご覧下さい

ちなみに、僕の下半身は今後パワーダウンすると予測しております
(歳とともに)

     

まあ、歳には勝てないって言いますしね

僕もそれにならって活力が減っていくわけですよ

頭の中は女性の脚部のことでいっぱいなのに

僕の脚部周辺は沈黙を保つ事が多くなりました

こういう場合、散歩でも行ったほうがいいんですかね?

脚部の血がめぐれば、どっかの部分も血がいきわたりそうですしね




しかしながら北海道は散歩に適しておりません、特に冬は

一時間歩くだけで異常なほどに体が縮こまります

特に突き出た部分はひどいですよ、ほんと

 

男性特有の痛みってありますよね?寒いときはそれがさらに酷いんですよ

北海道での話から脱線しますが、ちょっとお話に付き合ってやってください




僕は昔サッカーをやっていたのですが

そのサッカーのチームが集まる時間がいつも夜

10時~11時ぐらいにフットサルをやってるチームでしてね

冬になると関東ですら夜は寒い

さすがに僕の極部もすっかり縮んでおります

一度寒さで縮まってしまうと、走るときの服の摩擦だけで既に痛い

ずっとがに股で、ゴールの前で仁王立ちしていたい気分になります

でも、僕は身長が小さいのでキーパーは任せてもらえず

結局ディフェンスをしていたのです

ディフェンスもあんまり走らないからいいかな、なんて思ってプレーしておりましたよ

ところが、それが大きな間違い

プレーの中で攻められているところ、僕がボールキープしている人に対してディフェンスに入った時です

僕は、こいつにシュートさせるか!と思って、シュートコースを完璧に塞ぎ

そして、相手がパスをしたところをカットしようとじりじりと守り続けると・・・

相手は何を思ったのか知りませんが、大きく足を振り上げて

全力でシュート

直後

ドッという音と同時に、ボールは僕の股間に無残にも突き刺さる


脳天まで届くほどの痛みに耐え切れず、崩れ落ちる僕

ぱかっと口を開け、自分の股間を押さえながら・・・


そして、あまりの痛みに冷静さを失った僕はこう考えました


ない!息子がいない!なんでいないんだ!


母を訪ねて三千里じゃあるまいし、息子が旅などするわけないのですが

息子は寒くて縮まっている、という事すら把握できずに

股間をギュッと押さえながら、これからの人生について考え続けました(10分ほど)


あの時は、もう立小便すら二度と出来ないかと思いましたよ(結婚とか子供作りも)



冬になるとこの事をすごく思い出します

すごく嫌な思い出です



この話を言い訳にするつもりはないのですが

ユイに会うため北海道に行ってからは外に出なくなってしまいました

一日中スウェットでだらだらと過ごす、そんなことに慣れきっていました


しかし、家にいるだけではご飯にありつける事ができません

最低限の食材を調達しなければ腹は減り続けます

そしてユイに「買い物に行こう」と促されてしまいました

しかしめんどくさい・・・着替えたくない・・・

そこで僕は

「ねえ、スウェットのままで出かけていい?めんどくさくって」

ユイはそれをしぶしぶ承諾

僕は喜んで、スウェット上下姿にダウンだけはおり

ふぬけた姿ながらも、さっさと買い物を済ませようと出かけた僕


自分にとっては知らない土地だから、変な格好でも大丈夫だろ

という僕の考えが再び大間違い


自分はよそ者でも、ユイの友達はいっぱい

残念なことに、残念なスウェット姿をユイの友達に公開するはめに・・・

スーパーの中を歩くと、すぐにユイの友達に遭遇



友達:「きゃー!ねえ、ユイの彼氏?彼氏?」


という言葉にユイは


ユイ:「あー、たぶんそうじゃない?」


疑問系で返事

まあ、普通の反応だと思います

ユイとユイの友達は、みなさんが大体20歳で若々しいお姿

こちらはしょぼくれた30歳のスウェット男

もう痛すぎて生きてる事が辛かったです

若い集団に入る事が出来ず後ずさりする僕・・・


今度は全身が縮こまる思いをしてしまいました



その痛いシーンを、ユイに絵にしてもらいました↓
pict-スーパー(結合後)



うーん、かわいい絵ですねぇ

実際このときの僕は、まさにケツをまくって逃げるような体勢で

じりじりと後ろへ下がっていったのですが

僕はこの絵で癒されました
ありがとう!ユイ!


また機会があったら絵を描いてもらおうかと思います



それではまた




バナーの応援クリックをお願いします!
一日一回のクリックを・・・
(ペコリ)
          ↓ 

         ポチッと(美味そうなバナーから)

股間直撃で人生が終ったかと・・・

↑遠距離恋愛のほかに、両思いカテゴリーにも参戦(かなり苦戦)
息子よ!帰ってきてくれてありがとう!

↑人気ブログランキング遠距離恋愛カテゴリーにて最高3位獲得
ある意味寒くて、再び縮こまった僕
にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ
↑ブログ村(村でもあなどれない)
*バナーをクリックすると、現在のランキングが確認できます
 皆様の応援にいつも感謝しております
 ちなみに、写真の食べ物は僕とユイが北海道で食べた美味しかった品々です


札幌からレポート8へ

 
スポンサーサイト
| 雑談日記 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。