12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-03-02 (Sun)
僕を踏むよりここをクリック→人気ブログランキング(遠距離恋愛)
初めての方はこちらからどうぞ→ツンデレ派から挨拶と簡単な目次


今日は遠距離恋愛エッセイを更新します。


前回のエッセイでは、遠距離恋愛の悪いイメージを少しでも拭おうと

いくつかのポイントを上げて、通常の恋愛と比較しました。

しかし、遠いところに住むという事は、やはり会うのに若干の障害を発生させる

大きな原因であることには違いありません。

不安というものは、放置しておくと拡大し、やがてそれに支配されてしまいます。

ならばこれを放置せず、むしろパートナーが遠いところにいることをプラスに変え、

不安を解消すると共に遠距離恋愛を楽しくする事が最良だと考えます。


遠距離恋愛の経験者の方の中には、「私もそういう考えでやってるよ!」という声が聞こえてきそうですが、

僕は、その声がいっぱい聞くことができたら嬉しいというのが本音です。


遠距離恋愛で常に付きまとう、距離による会えない不安。

これを捨て去るのは本当に難しいのです。

目の前にはだかる数百キロ、国際恋愛になれば数千キロの距離になる相手の住んでいる場所。

これを縮める方法は一切ありません。あきらめ、待つしかないのが現状です。


ですが、この距離の事をあまり考えなくする方法があります。

それは、相手の住んでいる土地を好きになる事です。

別の言葉でマニア化と言えばよいでしょうか。


そのマニア化することによるメリットを挙げてみます。


・相手の住んでいる場所に行く事が楽しくなる
・次に会うときの楽しみが増える
・会ったときの喜びがさらに大きくなる
・デートコースを常に考える事で、話の共通点が増える
・相手に地理に関して頼れるので、旅行としての行動が楽になる
・相手が一人暮らしなら、格安の旅行にもなる
・相手の趣味、趣向を話しあう事で理解が深まる
・趣味が増える
・場合により友達が増える
・辛い事よりも、楽しいことを考える時間が増える
・同棲、結婚に発展した時の生活のイメージができる


なんだかざくざくと出てきますね。

正直、これだけじゃないとは思いますが、きりがなくなるのでこのぐらいにしておきましょう。


実際に僕らもこれらを意識しています。

北海道~埼玉間で遠距離恋愛をしているのですが、

今でも北海道にすぐ行きたいくらいです。

もし行ったなら、あの店で食事して、あのあたりで買い物をして・・・

と、ぽんぽん浮かんできます。楽しみだけが増えていきます。

ラーメン食べたい、寿司食べたい、いくら丼食べたい、居酒屋行きたい。

僕は食道楽なのでそんな事ばっかりですが・・・




遠距離恋愛をするまで飛行機すら縁の無かった男が、

これほどまで北海道に魅せられてしまったという例があります。


この記事を書いている今月、僕の彼女が再び埼玉に訪れる予定です。

今度は何処に連れて行こうかな・・・などと考えています。


遠距離恋愛で成功している人は、このようなことを無意識に行っているのではないでしょうか?

また、気がつかなかった人は、こうした考えを足すだけで

新たな恋愛生活が生まれるのだと思います。


現在不安を抱えてしまっている方は、そんな楽しいことを考えて、

不安をつぶす武器にしてしまってください。

そうする事で、自分へのメリットが雪だるま式に増えていくことにつながります。

ぜひ試してみてください。



恋愛は楽しいものだということを再確認する機会になれば幸いです。




それではまた


ランキングアップのために
今日もクリックの協力をお願いします       
(美味そうな写真から)
       ↓


↑まずそうに見えるけど、実はうまかった

↑新千歳空港1Fにある寿司屋のいくら丼。まじでうまい。
にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ
↑どっかの回転寿司だけど、安いのにうまい。たしかエスタにあった。(写真は中トロとか)

*バナーをクリックすると、現在のランキングが確認できます
 皆様の応援にいつも感謝しております
 ちなみに、写真の食べ物は僕とユイが北海道で食べた美味しかった品々です
スポンサーサイト
| 遠距離恋愛は楽しい!(エッセイ | COM(9) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。