12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-04-03 (Thu)
僕を踏むよりここをクリック→人気ブログランキング(遠距離恋愛)激しい上位争い
初めての方はこちらからどうぞ→ツンデレ派から挨拶と簡単な目次
*お知らせ
3万アクセスキリ番ゲットした方にプレゼント企画やります。
狙いたい方は何気なーく狙ってください。その時はシャメ取っといてくださいね。


今日は絵無しですが、なんか急に思い出した話があるのでそれを。
(人から聞いた、ちょっといい話)

サブのブログで、ブログサービス会社から出されるネタの記事を書いていたのですが、

それで急に思い出したと。

そのネタは「理想の告白シチュエーション」というもの。

僕としては正直、シチュエーションはあんまり深く考えないんですよ。

言う内容の事ばっかり考えてて。適当って言えばそれまでなんですが・・・



それで、今日のお届けするお話は、ブ男美女

一世一代の告白シチュエーションのお話です。

(僕の知り合いの方が関係したお話です)

 
とある男性。

この方は、数年間も恋焦がれた女性がおりました。

学生時代に知り合い、その美しさから一目惚れ。

もちろん、その女性は誰から見ても素晴らしいと思えるほどだったとか。

そして、何度も告白し、思いを女性に告げてみたものの全敗


この男性、肩書きはホントすごいんです。

都内にある某カトリック系の有名大学を主席で卒業。

その後、某大手都市銀行に就職。

エリート街道まっしぐらのお人ですね。

その上、人柄もすごく良い方で、お優しい方なのだそうです。


しかし、外見がどうにもならないようで・・・

ブサイクさかげんもさることながら、

半端なく恐いそうです。

友達の目から見ても残念なぐらいだった、と聞きました。

僕はお会いする事はなかったのですが、いったいどれほどなのでしょうね・・・?



この男性は、入社後に出来た仲間に、彼女との出来事を打ち明けたそうです。


学生の頃に惚れて以来、何度も告白してきた。

大学の間にも人として努力して、認めてもらおうと必死になって、

主席もとって告白した。でも駄目だった。

今度は、こうして頑張って働いて金も稼げた。

だからもう一度告白したい。これで駄目ならもうあきらめる、と。


これを聞いた仲間は、

「最後なら、最高の告白をすればいいんじゃないか?」

と提案を出したのだそうです。


この男性の人柄が動かしたのでしょうか、

仲間がこぞって集まり、その男性の為に、告白の為に、

最高の演出をしてみようじゃないか!と動き始めたのです。



告白の演出って色々ありますよね。

いい雰囲気を作ることに悩んだりして。

夜景の綺麗な所に連れてくとか、観覧車とかもありますかね。

ただ、最高とは何か・・・

その答えとしてお仲間の方々が出したものは、

その女性のためだけの花火を打ち上げる事だったのです。



後編に続きます。
明日か明後日に更新予定だったり。
(今日は体調不良なのですみません・・・)



それではまた


ランキングが上がると読者が増えるので、
投票ボタンをクリックして、応援してくれると嬉しいです。
僕とユイの遠距離恋愛の励みになります。      
(美味そうな写真から)
       ↓

↑まずそうに見えるけど、実はうまかった

↑新千歳空港1Fにある寿司屋のいくら丼。まじでうまい。
にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ
↑どっかの回転寿司だけど、安いのにうまい。(写真は中トロとか)

*投票ボタン(絵)をクリックすると、現在のランキングが確認できます
 皆様の応援にいつも感謝しております
 ちなみに、写真の食べ物は僕とユイが北海道で食べた美味しかった品々です

まだまだ読み足りない方はこちらも読んでください→「だって僕はツンデレ派」
スポンサーサイト
| 雑談日記 | COM(10) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。